• 鍵交換
  • 鍵交換2

出先での対応

鍵のトラブルが発生するのは住宅だけではありません。出先にいてもトラブルに遭遇する可能性はあります。
外出する場合は車などを使用する人が多いでしょう。車などを使用する場合も鍵が開かないなどのトラブルが発生してしまう場合は多くあります。
車の鍵が開かないというトラブルの場合多くは内鍵が原因になります。鍵を車内に置いたままで施錠を行うことを内鍵といいますが、内鍵をしてしまった場合は修理や交換などの対応を行わずとも簡単に解錠することが可能です。

しかし普段住宅の鍵を任せている專門業者では出先にまで来ることが難しい場合もあります。このような場合のために、出先では車の鍵解錠の專門業者に連絡を行うようにしましょう。

トラブルの対応は現状把握から

専門業者は様々な鍵周辺の事柄に対応しています。トラブルへの対処はもちろんのこと、トラブル以外のメンテナンスや点検などにもしっかり対応しています。
トラブルで多いことが解錠できなくなってしまったなどですが、解錠できなくなってしまったパターンにもいくつかのケースが挙げられます。鍵をさしても固くて回せなかったり抜けなくなってしまった場合の対応と鍵の紛失による対応とでは変わってきます。
鍵をさしこんだ状態で解錠できなくなってしまった場合に関しては修理程度で済む場合がほとんどですが、もし鍵を紛失してしまった場合はその場では鍵を解錠することができても鍵本体を交換する必要が出てきます。

鍵の紛失の際には本体を交換して一式を新しくするか、既存の物の合鍵を作り直すなどの対応を求める必要があります。
合鍵の作成などは比較的簡単に行うことのできる作業になりますが、紛失してしまった状況を考えると安全性を高めるのであれば一式交換するべきです。紛失の原因が盗難などであれば、既存の鍵の本体をそのまま使用することは危険といえます。
このように、トラブルが発生した場合は、状況をしっかり把握して考えて専門業者に伝えるようにすることが大切です。自分ではどのような対応が正しいのか迷う場合でも、専門業者側からより良い対応を提案してくれます。

補助錠の使用で防犯性を高める

家の防犯性を高めるのであれば鍵の種類を考えることも大切ですが、鍵の種類を防犯性の高い種類に交換した上で、補助錠も同時に設置することでより防犯性は高まります。
補助錠というものはメインで使用している鍵とは別に設置された加鍵のことになります。メインで使用される鍵以外を設置することによって住宅の防犯性は一気に上がります。
メインで使用する以外の鍵を同時に扉に設置することをワンドア・ツーロックといいます。ワンドア・ツーロックでは、ひとつの扉にふたつの鍵が設置されているという意味になります。

補助錠にはメインの鍵の機能性を補う効果もあります。メインの機能がピッキングには強いけれどこじ開けなどの手法には弱いとう場合、こじ開けの手法に強い種類のものなどを設置すると良いでしょう。
基本的には違う種類のものを設置することが主ではありますが、何かトラブルが発生した場合に修理を考えるのであれば利用する業者が対応しやすい種類の鍵を選んで設置しても良いでしょう。ワンドア・ツーロックでは設置しているだけでも威嚇になるので、鍵の種類よりも設置しているということが重要なのです。

専門業者の選び方

鍵のトラブルが発生した場合は修理や交換が必要になってきます。ですので、普段から、メンテナンスを行うことは重要なことになります。
また、普段から鍵のメンテナンスを行なってくれる鍵の専門業者選びも重要なポイントになります。鍵というものは住宅や家族の安全を守るために大切な役割を果たしています。その大切な役割である鍵を取り扱う専門業者は信頼することができる人を選ぶ必要があります。信頼して作業を任せることができるということこそが、住宅や家族の安全を守るということに繋がる重要なポイントになるのです。

また、以来する鍵の専門業者が取り扱っている鍵の種類も重要なポイントになります。現在ではシリンダー錠のほかにも電子タイプの鍵なども多く普及しています。自宅で使用している鍵の種類を確実に取り扱っている専門業者を選択するようにしましょう。どのような鍵にもしっかり対応することが可能な業者を選択することが重要です。
鍵の種類が対応していることは勿論ですが、いつトラブルが起こっても対応してくれる専門業者を選ぶことも重要です。トラブルはいつ発生するかわからないので、一年中かつ24時間でトラブル対応に駆けつけてくれる専門業者を選択しましょう。

アーカイブ

Bookmarks